ページTOPへ

在宅ワークで稼ぐ主婦が会社員の夫の扶養家族でいられる条件とは?

在宅ワークで稼ぐ主婦が会社員の夫の扶養家族でいられる条件とは?



当サイトからご購入の方に豪華特典付き!






在宅ワークで稼ぐ主婦が会社員の夫の扶養家族でいられる条件とは?

 

 

最近在宅ワークで稼ぐ主婦が増えています。しかし収入が増えると会社員の夫の扶養を外れなければなりません。

 

在宅ワークで稼ぐ主婦が会社員の夫の扶養家族でいられるラインはどこなの?

 

扶養とは?

 

扶養は「税の扶養」と「社会保険の扶養」と大きく2つに分類されます。この2つの「扶養」は全く別ものなので、当然のことながら扶養に入る条件が異なります。

 

税の扶養

 

税の扶養は「所得税」のことです。年間(1月〜12月)の合計所得金額が38万円以下なら、会社員の夫の「扶養」に入ることができます。

 

妻が扶養に入ると、夫の収入から一定額(配偶者控除)を控除してもらえます。

 

参考:(財務省)基礎控除・配偶者(特別)控除の仕組み

 

例えば、パート等で働いている妻の場合:

 

パート等で働いてお給料をもらう人のことを「給与所得者」といいます。給与所得者の場合、「給与所得控除」といって年収から最低65万円控除してもらえます。

 

つまり、38万円+65万円=103万円までなら、パートで稼いでも夫の「扶養」に入ることができます。これが、有名な「103万円の壁」ですね。

 

個人事業主の妻の場合:

 

妻が個人事業主の場合、1年間の利益が38万円を超えると扶養からはずれます。

 

個人事業主の収入は給与ではないので、給与所得控除はありません。その代わり、「経費」が認められています、収入から経費を差引いた金額は利益になります。

 

また、青色申告者の場合、「青色申告特別控除最大65万円」が認められていますので、「38万円+65万円(青色申告の場合)+経費」までなら、稼いでも夫の「扶養」に入ることができます。

 

 

ただし確定申告を青色でしないと控除額が減ります。

 

2014年1月より、白色申告でも記帳しなくてはいけなくなったので、白色であるメリットは、ほとんどありません。白色の人は青色申告の届け出をだしましょうね!


 

 

「社会保険」の扶養

 

社会保険とは、「健康保険」と「年金」のことです。

 

健康保険

 

妻の利益が年間130万円までならば、夫の会社の健康保険を利用できます。夫の保険料も変わりません。

 

130万円を超えると、妻自身が国民健康保険に加入する必要があります。ちなみに強制です。

 

年金

 

妻の利益が年間130万円までならば、国民年金の第3号被保険者になれます。

 

保険料は、配偶者が加入している厚生年金や共済組合が一括して負担しますので、個別に納める必要はありません。

 

もし、扶養に入ることができなければ、妻は国民年金「第1号被保険者」となり、月額15,250円(平成26年4月〜平成27年3月まで) を負担します。国民年金の保険料は、毎年度見直されますのでご注意ください。

 

 

個人事業主の場合、年間収入の計算に「経費」が認められています。

 

つまり、毎月の所得(収入ー経費)から判断して、「このままいくと130万円を超えるな」と判断した時点で、扶養から外れることになります。

 

例えば、4月に開業して、4月・5月・6月の「所得」が平均11万円だったとします。このままいくと1年後には年間収入130万円を超えると判断できますので、この時点で扶養から外れるということです。

 

ただ、個人事業主だと収入に波ってありますよね。最悪収入0円の月もあるかもしれません。

 

なので、ある程度収入が安定するまでは様子をみても良いみたいです。「やっぱりこの時点で130万円超えてたね」と後から振り返って判断してもOKということです。

 

ただしその場合、(年金事務所の判断にもよりますが)さかのぼって保険料が徴収されることになります。

 

最後に

 

起業して、最初から継続的にお仕事が毎月くるのが理想ですが、もちろんそんな風にいかないこともありますね。

 

「子どもがいるので在宅でできるアフィリエイト収入をちょっとずつ増やしていきたいな」と思っている方にとっては、そのまま配偶者の扶養家族でいながら
個人事業主としても活動する方がメリットが非常に大きいです。

 

私は最初に分からなくてかなり困っていたので、ネットでいろいろと調べました、様々な答えが出てきて余計に迷ったりしました。

 

分からなかったら、各管轄先に確認した方が、一番早いと思いますね。

 

これも私の経験から書いておりますので、ご参考まで。

 

 

関連ページ

アフィリエイトであまり儲かってないけど、確定申告はしなくていいですか?
アフィリエイトやお小遣いサイト(ポイントサイト)で少し稼げるようになったら、確定申告をする必要があるかどうかという問題が出てきます。それについて説明します。

初心者でも月10万円

カテゴリー


ホーム 初心者のための講座 お小遣いサイト攻略法 お役立ち情報 初心者のための教材