ページTOPへ

儲かる市場か判断する方法

儲かる市場か判断する方法



当サイトからご購入の方に豪華特典付き!






儲かる市場か判断する方法

 

 

 

最初に書き出してもらった「あなたが興味関心のあること」は、儲かる市場に属しているのでしょうか?

 

 

3つの要素を優先度の高いものから順に調べていき、儲かりそうかどうかを大まかに判断していきます。明らかに儲からない市場には参入しない!というイメージです。

 

 

具体的な手順としましては、以下の通り。

 

 

ステップ1.「興味関心がある人の数」を確認する

 

 

Googleのキーワードプランナーを使って、あなたが興味関心のあることの「テーマに関するキーワードの月間検索数」を確認します。

 

 

ちなみに、テーマに関するキーワードとは、サイトを作った際に「メインとなるキーワード」です。

 

 

例えば、化粧品の総合情報サイトを作るのであれば、テーマに関するキーワードは「化粧品」「ファンデーション」「乳液」など色々ありますね。

 

 

その一方で、化粧品の中でも化粧水専門サイトを作るのであれば、テーマに関するキーワードは「化粧水」のみになります。

 

 

さらに、化粧水の中でもニキビ改善によい化粧水専門サイトを作るのであれば、テーマに関するキーワードは「化粧水 ニキビ」のみになります。

 

 

なお、キーワードプランナーを使うには、Google AdWords(Googleの広告です)のアカウントを開設する必要があります。

 

 

とは言え、AdWordsアカウントを開設してキーワードプランナーを使うだけなら無料ですのでご安心を。

 

 

あくまで「AdWordsで広告配信をすると費用がかかる」わけで、AdWords管理画面にあるキーワードプランナーを使うのは無料です。

 

 

キーワードプランナーを使って、月間検索ボリュームという項目の数字を確認して下さい。テーマに関するキーワードが複数ある場合は全ての合計数を出します。

 

 

この数字を元に、儲かる市場かどうかの判断をします。

 

 

 

  • 月間検索ボリュームが165,000回以上 → 儲かる!そのテーマで合格!
  • 月間検索ボリュームが165,000回未満 → 必要なアフィリ報酬単価の確認へ。

 

 

 

この数値は、1サイトで1ヶ月あたり30,000円以上稼げそうかどうかで、良い悪いの判断をしています。

 

 

検索ボリューム165,000回のうち10%をサイト誘導出来ると想定すると、あなたのサイトの月間アクセス数は16,500回になります。そのうち、アフィリエイトリンクをクリックする人が3%だと想定すると、アフィリエイトリンクのクリック数が495回。

 

 

この数値であれば、Google AdSenseなどのクリック報酬型広告を貼っておくだけでも、Google AdSenseのクリック報酬相場30円×495回=14,850円となり、Goole検索経由のサイト訪問者から月間14,850円程度は稼げるという予想が出来ます。

 

 

さらに、通常はGoogle検索経由のサイト訪問者と同じくらい、Yahoo検索経由のサイト訪問者も来きます。ですので、14,850円×2倍=月間29,700円程度(約30,000円)は稼げると目論見が立つのですね。

 

 

もちろん、これはGoogle検索経由とYahoo検索経由のアクセス数だけを考慮しているので、実際はBIGLOBEなど他の検索エンジン経由でもアクセスはありますから、もっと稼げます。さらに、上手に成果報酬型アフィリエイトを使えばもっと稼げるでしょう。

 

 

あくまで「最低でも30,000円は稼げる」という目論みを立てることで、大して稼げない市場へは参入しないということが狙いです。

 

 

なお、補足ですが、ビジネスの現場では「答えがないような数値」を求める場合、ある程度の現実的な数値を元に仮説を立てて答えを予想します。

 

 

今回のお話で言えば、

 

 

「このテーマでサイトを作ったらいくら稼げるか?」

 

 

という答えのない数値を求める為に、「10%をサイト誘導出来ると想定」とか「クリック報酬相場30円」という想定値を用いました。

 

 

答えがないから分からない・・・ではなく、答えに近づけるような思考が大事なんですね。

 

 

 

ステップ2.必要な報酬単価を計算し、商品があるか確認する

 

 

あなたが興味関心のあることのテーマについて検索ボリュームを調べた結果、月間検索ボリュームが165,000回未満だった場合には、月間30,000円稼ぐ為に必要なアフィリ報酬単価を調べていきます。

 

 

なお、検索ボリュームが小さい場合に成果報酬型アフィリエイトを利用する理由ですが、「検索ボリュームが少ない=売る数が少なくなる=報酬単価が高くないと稼げない」からです。

 

 

クリック報酬型アフィリエイトは簡単に報酬発生しますが、その分だけ1回の報酬単価は相当低いですよね。

 

 

ですので、検索ボリュームが小さい場合には、必然的に成果報酬型アフィリエイトを使っていくことになります。

 

 

くれぐれも、検索ボリュームが小さいのにGoogle AdSenseを貼らないで下さいね。

 

 

で、次の手順を用いて、月間30,000円以上稼げそうか算出します。

 

 

まず「1」を計算して、次に「2」を計算して、最後に「3」を確認して下さい。

 

 

1.月間成約数 = Google月間検索ボリューム × 2倍 × 誘導率10% × 広告クリック率10% × 成約率10%
2.必要な報酬単価 = 30,000円÷月間成約数
3.ASPで必要な報酬単価以上の商品があるか確認

 

 

 

※Google月間検索ボリュームを2倍することで、Google検索とYahoo検索の合計検索ボリュームを想定します。

 

※成果報酬型アフィリエイトの場合、見込み客を広告へ誘導してOKな為、広告クリック率10%を出せます。

 

※Google AdSenseなどのクリック報酬型アフィリエイトの場合、見込み客を広告へ誘導すると規約違反になる為、広告クリック率は3%程度になります。

 

※ASPとは、A8.netなど「広告主である企業のアフィリ案件を取りまとめている仲介屋さん」です。

 

 

 

例えば、「脂肪燃焼スープ」の専門サイトを作るとしましょう。

 

 

脂肪燃焼スープとは、ダイエット関連のスープです。キーワード「脂肪燃焼スープ」のGoogle検索の月間検索ボリュームは2,900回とします。

 

 

その場合、

 

 

1.月間成約数 = 2,900回 × 2倍 × 10% × 10% × 10% = 5.8
2.必要な報酬単価 = 30,000円÷5.8 = 5,172円
3.ASPで報酬単価5,172円以上のダイエット関連商品があるか確認

 

 

このように、脂肪燃焼スープの専門サイトを作って月間30,000円稼ぐには、
ダイエット関連商品で報酬単価が5,172円以上のものをアフィリすれば良いと判断出来ます。

 

 

つまり、逆を言えば、報酬単価5,172円以上のアフィリする商品が見付からない場合、
脂肪燃焼スープの専門サイトでは十分に稼げないということにもなります。

 

 

 

ステップ3.肌感覚でリピート率が高そうかどうか判断

 

 

先にも述べましたが、初心者のうちはリピート率はオマケ程度に考えてもらえればOKです。

 

 

同じくらい儲かる市場だと判断できるテーマが複数出てきた場合に、リピート率の高そうな市場に属するテーマでアフィリエイトサイトを作ればいいです。

 

 

なお、その際、リピート率に関しましては、肌感覚で判断すれば良いです。コンタクトレンズであれば「なんとなく、年に何回かは買いそうだな。」とか、引越しであれば「1回引越したら、当分引越さないよな。」とか、常識的な考えの元、肌感覚でリピート率が高そうかどうか判断して下さい。

 

 

ではお疲れ様でした!

関連ページ

アフィリエイトの本質
アフィリエイトの本質について説明します。
見込み客の探し方
見込み客の探し方について説明します。
サイトのテーマを決める方法
サイトのテーマを決める方法について説明します。
儲かる市場でアフィリを仕掛けましょう
儲かる市場でアフィリを仕掛けましょう
サイトのターゲットを明確に決めましょう
サイトのターゲットを明確に決める理由について説明します。
Googleのインデックス数を短時間で増やす方法
Googleのインデックス数を短時間で増やす方法について説明します。
狙うべき2つのターゲット層は?
「どんな人をターゲットにするのが良いか?」ということを説明します。
サイトアフィリエイトでなぜキーワードを狙うべきか?
サイトアフィリエイトでどうやったら検索結果ページの上位に自分のサイトを表示することが出来るのか?色々な方法があるのですが、今回お話する「キーワード選定」も有効な方法の1つです。
サイトアフィリエイトと楽天アフィリエイトとの違いは?
サイトアフィリエイトと楽天アフィリエイトとの違いについて説明します。

初心者でも月10万円

カテゴリー


ホーム 初心者のための講座 お小遣いサイト攻略法 お役立ち情報 初心者のための教材